元気印のキャラクター








音の出る絵本
『みんなの どうよう』ポプラ社の「桃太郎」です。
カラオケと歌の 切り替えスイッチ付き!
子どもたちにも 年配の方にもおすすめ絵本です。






「おなかの へる うた」
どうしてお腹がへるのかな?
おやつを食べないとへるのかな?
・・・歌いましたよね〜。


アップリカのチャイルドシート、案内冊子です。





中身もポップでおしゃれです。


母子健康手帳です。






表紙の「たまねぎ坊や」で
毎年 楽しいグッズができています。
バンダナ エプロン、クリアファイル
メモ帳、定規 ポストカードなど。



厚生労働省の子育て支援冊子です。
『どうか新米のパパ、ママが朗らかな気持ちで赤ちゃんに接することができますように』そう祈るような気持ちで描きました。


中身は絵本みたいにカラフルです。





この冊子は、母子衛生研究会の
『子育てインフォーネット相談室』で
フラッシュ絵本になっています。
どうぞアクセスしてみてくださいね。
http://www.mcfh.or.jp/rensai/soredeiiyo/index.html


講談社の絵本紹介冊子
『dandan』秋冬版と春夏版





育児雑誌やキャラクターものを描く時、私は このクレヨンで描いたようなアウトラインをよく使います。

これは、まず6Bの超太エンピツでザラッとした紙に描き、それを特別に濃度を高く、温度も高く設定したコピー機にかけて400から800倍に拡大します。
ホワイト修正、墨修正を繰り返して、やっと ひとつのアウトラインが出来上がります。それに彩色して仕上げています。





公募の童話大賞『こころの小箱』
ちょっと怖い「あめの日」のお話です。






講談社の絵本『やさいのおうさま』
野菜たちが王様の座をめぐって争い始めます。
そこへ、みいちゃんが登場。
見事解決、めでたしめでたし〜!





『響けこころに』
子どもたちの心に響く体験を・・と
頑張る小牧の先生たちの活動記録です。



主婦の友社『赤ちゃんが欲しい』
早く赤ちゃんが欲しいと願う方々のための雑誌です。
そのオリジナルキャラクターが「ベビットちゃん」。
「ベビー」と うさぎの「ラビット」をかけて、読者の方が命名してくださいました。







ベビットちゃんのグッズも、この缶バッジのほかに、Tシャツ、まくらカバー、エプロン、保険証ケース、腹巻き、携帯ストラップなど、いろいろあります。

『赤ちゃんが欲しい』のホームページです。表紙の絵のカレンダーやスクリーンセーバーがダウンロードできます。



赤☆ネットへ




花王の『メリーズサイト』

トイレトレーニングから離乳食クッキング。
赤ちゃんとママのスマイルを応援するヒントがいっぱい!
赤ちゃんのいる家庭のお役立ちサイトです。

●下の画像から花王のメリーズサイトにアクセスできます。